doopleの進捗日常(・ω・)

庭球・歌王子・世界擬人中心の二次創作を執筆しています。日々の呟きはツイッターで。

CCさくらクリアカード 7・8巻 感想&考察(ネタバレ注意!)

どうも。もう考察はしない。と以前言ったのですが、またCCさくらの考察をしまーす。いやーどうしても気になる事があるのでつい…;
因みに他の方の考察を見てみたのですが、夢オチとかはあまり考えたくないなぁ…と思ってしまって><(別に否定している訳ではないです。
なので、アホな自分に合うように考えていこうと思いますw
こんな考察書く事になるんだったらもっと学生時代勉強しておけば良かったorz

 f:id:doople:20200406211751j:image

もう8巻ですね…そういえば今回長いなぁ。
クロウカード編・さくらカード編はともに6巻ずつで、12巻で完結。クリアカード編はまだまだ謎があるので、その分楽しみが広がりますね。何巻まで出るのかな…?

前回はざっくりとした内容、感想を繰り返して、最後にまとめて考察という形で書きましたが、今回もそれだと無駄に長くなるので、なるだけ簡潔にまとめます。(過去の考察内容と矛盾していたり日本語可笑しいかもしれませんが、生暖かい目でスルーして下さいまし…><;

doople-crystalschool.hatenablog.jp

doople-crystalschool.hatenablog.jp

doople-crystalschool.hatenablog.jp

 

 


・さくら/小狼/木之本家/カードと守護者達

さくら自身の想いがカード化(反映)しているという事実をしっかり理解して、そんな自分を怒っているのが中学生にして人間出来てるなぁと感じましたね。大事になっているにも関わらず知っていて黙っていた(隠していた)小狼の事は、怒ってるというよりも悲しいって気持ちの方が強いと思う。大人でも難しいであろう感情のコントロールを中学生がやってるのがすごい…。普段ぽややんとしている子がこんなしっかりとしている所を見ると、おばさん涙がでty(殴
だけど、秋穂にかけられている術によって秋穂の生い立ちを知って(ユナの巻戻しで忘れてるけど)、より秋穂とのシンクロ率が上がりそうでもう…。
後半は、フード被った小狼がさくらの回想と破壊を固着する前で描かれていました。
以前は小狼の術(さくらカードを移動させた事)による影響でフード姿の小狼が現れているのかと思ってたけど、今回読んでて思ったのは、さくらの想い(不安)が具現がしているのかなぁ…なんて。

小狼小狼で、さくらに気付かれない内に解決しようと考えてたみたいだけど、でも…いつかバレて話す事になるんでしょ?と読んでるボクとしては思っていたわけでw

”術を操る訓練をしていない者が逆に意識することで魔力が暴走する可能性がある”

この言葉から考えるに、訓練すればさくらの魔力は安定してもっともっと強くなるって事かな。さくらがチート化する可能性が高まるww
ただ…カード達がさくらの前に現れた時に小狼を庇う形で説得していたのが少し引っかかったけど…鏡の反応が可愛かったのでよし。←
多分小狼はこれ以上何も隠していたりはしないと思う。ユナの術でネタばらしも出来ないしね。

桃矢の魔力についてはまだ不明…。ユナの目的はなんとなく分かった気がするけど、全く予想がつかない…。ので、判明するまで考えない事にします(/・ω・)/゜ポーイ
まぁでも、さくらがカードを集めていた事・雪兎(ユエ)の正体を知っていて、さくらが隠している(気でいるw)から敢えて何も言わないのであって。絶対後から支えになってくれるよね!!
ケロさんがぬいぐるみのフリしていると、懐かしいなぁ~いつかケロさんと桃矢の会話シーン見れるかな?なんて思ってます。(気が合いそうw
それに、桃矢と鏡のやりとりという最高の胸キュンシーン…!
文句ありません。寧ろ作者さんありがとうございますううぅぅ(感涙
耳元で優しく囁いたと思ったらさくらにするみたいに頭ぽふぽふするとか!
悪いけどその仕草、ボクには緊張を解しているようにしか見えないがな!
あああああああたまんなああああああい!(੭ु*´∀`)੭ु⁾⁾
藤隆さんもまた撫子さんと会えてるし! 本当に良かったああああああ!(ノД`)

   ・   ・   ・   少し落ち着きます取り乱してすみません。

藤隆さんが今後活躍する場面があるのだとしたら、桃矢とかエリオルとかと絡んでくれると嬉しいですね(*´∀`)
でも結局、さくらが撫子さんを視てはいけない理由がまだ分かんないですよねー。
今の桃矢(徐々に力が回復している)には視えていないみたいだし。あとは…
新情報によると、撫子さんと秋穂ママが昔イギリスで会っていて、その後再会した時に秋穂ママが撫子さんの時計に”これから私達の元に来てくれるアリスの為に”と、魔法をかけた事。
アリスと例えていたけど、これって間違いなく秋穂とさくらの事ですよね。秋穂ママは撫子さんに”自分がいる世界には関わらない方がいい”と言い残していたけど…。なんにせよ、この魔法が今のさくらと秋穂がシンクロしている事に繋がるんでしょうかねぇ…。

雪兎とケロさんの多眠の原因は魔力不足だという事が、奈久留とスッピーが来た事で判明しましたね。
ケロさんも自力で魔力補充出来る筈なのに、小狼の魔力ごはんじゃ足りなかったんですね。アニメのさくらカード編で、ケロさんが冷たいクロウカード達の状態を説明する時に、魔力をごはんで例えてるあの言い回しがなんだか可愛くて印象に残ってました。
小狼の魔力だとカード達にしか配れなくて、守護者の二人にまで魔力の配分が回らなかった。それじゃあ動けないから眠っちゃう、と。応急処置として、奈久留とスッピーをユエとケルベロスの傍にいさせて魔力(同じ魔力の源であるエリオルの)を、二人を通してユエ達に供給する、と。
ケロさんはさくらの事を信用しているから今は問題ないって感じ、ユエも納得してましたね。
ケロさんとスッピーが遊んでいるのみると過去のたこ焼き争奪映画を思い出して、一人ニヤニヤしてしまいましたw
雪兎は奈久留とめっちゃ意気投合してますね。さくらカード編ではヒヤヒヤしっぱなしだったけど…。ところで雪兎(ユエ?)は月峰神社でレベルアップでもしたのかな?
みんなが何を思って行動しているのかが本当に気になる…早く続きが見たい( *´艸`)
余談ですが、おでん汁のおうどんって美味しいんですね。我が家では鍋物の〆にはご飯をよく入れます。(誰も聞いてへんわww

 

 


・秋穂/ユナ/モモ

再三言ってますが、さくらと秋穂のシンクロ率が上がってきてますよね。さくらが小狼から真実を聞く時、その場にいない筈の秋穂も反応していますし…。 
ユナへの恋心は可愛らしい分今後どうなるのか考えると切ない通り越して怖くなります…。まぁモモがその分ツッコんでくれるんでまだ笑って見ていられるんだけど^^;
ところでダックワーズってどんなお菓子?(空気読めやコラww
すみません、真面目になります;
さくらの魔力の影響で秋穂の中の魔法が進んでいるのかなぁ、と思ったのと同時にゆっくり読み直していて気になった箇所が。
ユナによって、秋穂にかかっている本の術が止まって時間が戻った時、さくらはユナの魔法の名残で思わず秋穂に抱きついてますよね。…この時、秋穂もさくらの背に手を置いているんです。その手には意味あり気にトーンがあって…。その次の話から、さくらと小狼の間に電磁バリアみたいなものが。小狼曰く ”さくらの力でもユナの力でもない” という事は、秋穂かな…と。秋穂ママの可能性もあるかな~と想像。まだ何も分かりませんけどね。

少年時代のユナは、とても強力な魔力の持ち主で、大仰な魔法を使う団体にいた。
性格は面倒臭がり、誰かの事を考えるという事もなく、ひとりのほうが楽だと。
そんな時、ある魔術師同士の会合の時。遠目にて秋穂を見つける。
過去に秋穂の一族に言われ、”秋穂に隠された魔力がないか” と調べた事を思い出す。
 ”何もない。真っ白な本のように” だと答える。
そして、秋穂と初めて会話した時に”ある事”を自分で決めた、と。
他人に興味がない筈のユナが、恋愛に疎いあのユナが(←w)秋穂の傍にいる理由は…。
モモが ”さくらは本当に愛されている 関わるいろんな人達に” って言ってる時、表情が読めない。何に執着しているのかが分かりにくい…。
秋穂が ”もっともっとたくさん本を読んで 色々覚える”って言った時に、何とも言えない表情で ”もう十分色んな事を覚えている” って言うから。
一族達の術が秋穂の意識を押しのけて力を集めている事態に、”儀式を行った者達にとっては何かあったほうが都合がいい。魔法具には意志が無い方が使いやすい” と言いながら、応急処置で秋穂を助けてくれるから、やっぱり秋穂に特別な感情を抱いているみたい。恋愛なのか、家族愛なのか…。終いには、二人共本当は血のつながりがあるんじゃないか?って空想が駆け巡りましたw

モモが語る秋穂とユナの過去では…
一族達は秋穂を魔法具として完成させる為に、最もリスクの低いやり方を考えた。それが、秋穂を世界の色んな所に行かせて本を読ませて術を書き込む事。長い旅になるからと、誰かが監視(同行)するべきだと提案。その監視役に立候補したのが、他でもないユナだったと。
誰に対しても何に対しても興味を抱かない筈のユナが、初めて自分で何かを決めた。
間違いなくユナの中かが変わった。秋穂の為に、何かを調べたり、何かを作ったり。
最期に”自分の心を覗きなさい 。目をそらさず そうしないと戻れなくなる”と。
ここで秋穂ママから王冠の指輪を耳につけてもらっているモモ。
モモの耳飾りは秋穂ママの指輪だったんですね。そして『時計の国のアリス』の守護者であるのと同時に、秋穂ママから秋穂とさくらを見守っているよう言われてたんですね。そしてユナの事もきっと。
めっちゃイイ人?やんモモ…(´・ω・`)
時計の国のアリスがまだ魔法発動していないからモモは見守る事しか出来ないのかな。
一体何が起こるんだろう…。(ただの感想ですw

 

以上、今回の感想&考察でした。…こうしてまとめ直してみると、あまり考察していませんねww
今回の話では、あとどれくらいで謎解きされるんでしょうね?
もし15巻くらいで終わるとしたら、多分もう2・3巻出来る頃には展開が大きく動きそうな気もしますが…。

 

・おまけ

クリアカードが結構増えてきたので、カードの出来た過程及びユナの求めているクリアカードを私なりに予想してみようと思います。(クロウカードの画像有り。)

01『疾風』…クロウカード『風』の影響(鳥?魚?の姿。ネジ?マーク有
02『包囲』…クロウカード『盾』の影響(四角い立方体の姿
03『水源』…クロウカード『水』の影響(王冠のついた鳥の姿
04『反射』…恐らく部活の影響(蝶のような姿
05『行動』…奈緒子が書いたパラパライラストの影響(姿は歯車。時計の針のような物が描かれている
06『記録』…撮りたいと思った時すぐに記録できたら…という想い(写真機のような姿
07『飛翔』…知世が作った衣装の影響(リボンの姿。懐き度は知世の影響?w
08『透過』…クロウカード『消』の影響(カーテンのような姿
09『螺旋』…不明(実体はない? さくらの想いと相反するように出てきた感じ…
10『転寝』…クロウカード『灯』の影響 or アニオリ『眠』の影響(綿毛のような姿
11『迷宮』…クロウカード『迷』の影響(迷路の姿
12『顕現』…利佳から貰った飛び出す絵本の影響(利佳に酷似した姿
13『火焔』…クロウカード『翔』『火』の影響(鳥の姿
14『鏡像』…鏡で例えた想い(クロウカード『鏡』に酷似した姿
―――――――――――

15『双剣』…クロウカード『剣』の影響(二本の剣の姿
16『修復』…カーテンを直そうという想い(知世に酷似した姿
17『逆戻』…小さい頃に会えてたら…という小狼への想い(幼い小狼のような姿
18『影像』…クロウカード『影』の影響(龍と鳥を足したような姿
19『破壊』…フード姿の小狼を拒絶する想い(実体はない?

f:id:doople:20200610120106j:plain

クロウカード計19枚(原作ver)

さくらが気付いたのは間違いなく修復のカードですよね。だってタイミングよく都合のいいカードが目の前に現れて、しかも封印したら絵が大親友の姿なんだから。
個人的に双剣(一丁の鋏から二本の剣になった)に関しては、さくらと秋穂のシンクロ率が上がってきてるのが関係あるのかな、と思ってまして。ただ影像は、ユナ曰く”小さくなってアリスの話を思い出したのか 鏡の国のジャバウォックかな”と言っているのでそれなのかなって。(単純;
というか、影像の絵って秋穂(さくら)に術を施している場面で、一族の一人が持っている書物の表紙に描かれている絵と似てるよね…関係ないかな?
鏡の国のアリスは読んだことが無く、不思議の国のアリスは某ぬるぬる動くアニメ映画を見たくらいで、断片的な知識しかありません。

果たして、ユナの求めているカードはどんなものなのか…。逆戻はユナがやっている事と似ているので惜しい(近い)という意味なのかもしれない。
つまり『時』関連のカード。時の魔法は体力気力を消耗する、下手したら命まで削るくらい難しいもの。
現にユナは時を止めたり戻したり、難なくやっているように見えるけどダメージが蓄積されているのは事実。
そこまで考えた時、思い付いた言葉は「初期化-リセット-」。それこそ、秋穂にかけられている魔術を初期化(真っ白な本に)してしまえば、秋穂は魔法具から解放されて、普通の女の子として生きていける。
でも命をかけるリスクが高そう、むしろ死んじゃいそう…。
あ、それで瀕死なさくらを力が回復した桃矢が助けてくれるとか?
ん~~そんな優しい世界を…望んでも有りかな?
やっぱりダークファンタジーCCさくらって、想像出来ないですね…前作に希望があっただけにw

小説すすまん…どうしてこうなるん?(´;ω;`)

どうも皆さま。その後ご機嫌いかがでしょうか。
あれから567も少しは落ち着いたようですがまだまだ油断ならない状況ですね…。
そんな中、私の方はというと…よりにもよって大嫌いな電話業務の仕事が受かってしまいましたorz
えぇ大嫌いですよ電話なんて。どうしてボクに回ってきた;;
書類選考で通って面接飛び越えて受かるって、不安しかない…
でも、仕事があるだけ有り難い事ですよね!ダメ元でやれるだけやってみよう!
…でも嫌いなものは嫌い。ブラック企業時代みたいなトラウマを感じない程度に頑張りやす。

で、タイトル通りの本題に移りまして。567の影響で自宅生活だったにもかかわらず暇すぎて何も小説のネタが浮かばなく、構成が出来上がっているファンタジーパロにさえ熱が入らなくて手つかず……何度もノートを開いてペンを握っているのにorz

暇すぎる以外に何か気が散るような物がある気がして、デスク周りを整えていて気付いた事が。とある漫画・ゲームの考察でした。
なのでそれを書きだしてみようと思います。もうやらないと言っていたのに…どうしても気になる事があったせいですね。
でもファンタジーパロは今夏には絶対完成させたいので、最悪サイトに直打ちする事も考えますw

喉奥にフタをされている感じ…

…どうも、お久です|ω・)
今、人間界の外には恐ろしいウイルスが蔓延しておりますね…皆さまは体調にお変わりありませんか?
ボクは契約切れからの転職活動にストレスで息詰まりと喉の異物感に苦しむ日々……、と思いきや。
気管支炎+喘息なりかけ(初診結果)だったのが、採血の検査結果→炎症反応値が通常より高いから肺炎の可能性あり、と。

喉に何かがいるようで、定期的に息苦しくなる時があって咳が出るんだけど…こういう感覚は初めてだな。薬が終わってもまだ変だったらまた行かないとね。

それにしても…、やりたいことありすぎる筈なのにいざ休みの日になると眠気が強くなる…現実逃避してるせいかw

遅ればせながら…

2020年、明けましておめでとうございますm(._.)m

こちらでのご挨拶が遅れてしまい申し訳ありません。

2020年になりましたね…

私の脳は2000〜2010年辺りで止まりかけているので、なんだかタイムスリップしている気分ですwwハイww

色んな事が良い意味にも悪い意味にも変わってきて今後どうなるのかとしみじみ考えることが増えました…

でもやっぱり、今、を生きることが一番大変で。一日一日を生きていくのが大事なんだとよく感じています。

ホントここまで私が生きている事自体、奇跡w

 

だからこれからも、自分なりの早さで楽しい事をやっていこうと思います!

春辺りに新しい作品を上げる予定です。また予告を上げたりしますので、今年もまたよろしくお願いします<(・∀・)>

今年もありがとうございました

2019年は…仕事して、ダンスして、休みはぐうたらしてw

で偶にヒトカラして………

長編小説書く時間を作らなかったことが一番の反省点orz

小ネタはだいぶあったまってるので、来年は色々書くつもりです!気まぐれペースで申し訳ないです…;;

こんな私とボクですが、来年も生暖かい目で見守りながら来年、2020年も宜しくお願いいたしますm(・∀・)m

地獄少女見逃したー!

タイトル通り、映画 地獄少女を観ようか観ようかと悩んでいたら近くのシネマでの上映終わってましたー!∑(´□`)
うーん、悩み過ぎたなww
いつかテレビで、もしくはDVDになった時にでも観ようと思います。

時にお前さん、今年は全く小説書いてないじゃん!と思ったそこのあなた。(どうした

ごめんなさい( ´ ;ω; ` )
実は例のオリジホラー、進まなくなっちゃったんです。ノンフィクションネタを挟んだ事で、完全に止まってしまったんです。イけると思ったのがアホでしたorz
起承転結の承に入って、転を書こうとしても全く書けないんです。替わりに夢で別のネタをいくつも見るばかりで。

それなんで、勝手な事ですがしばらくホラーはお休みしようかなと思います。勿論、今後全く書かない訳ではありません。まだ消してしまった短編の整理も出来ていないので、しばらくはホラーから離れたジャンルを書いてみようと。

実は今ファンタジー系のを一つ気まぐれで書き始めていまして、サイトの拍手に載せています。宜しければ、チラ見してみて下さいw

見限られているのは重々承知していますが、また生暖かい目で見守っていただけると幸いです。<(_ _)>

幕張公民館文化祭2019!

えへ、お久です(;´∀`)

残業マンスリーからやっと抜け出したと思ったら気が抜けたせいかここにきてポカしました;;

ダンスでは八千代のシダックスが閉館しちゃったから、八千代の子達は解散しちゃった。淋しくなってしまうな…

なので、八千代の子達と一緒だった4月のゆうあい苑での発表会の写真をぺたんこっ!
また会いましょう!

f:id:doople:20191020003918j:plain

 

え~では、本題に移ろう。
明日(てかもう今日だわ;)10/20に開催される毎年恒例!
幕張地区文化祭もとい、幕張公民館文化祭にダンスグループ「w.o.d」として参加して参ります!

実は今回仕事の残業を蹴っていたので(←)練習がほぼ皆勤!

久し振りのフル活動だからちょ~っぴり気持ハイなんですよね~(´▽`*)
練習が足りないと「楽しむ」よりも「とちらないように」を気にしてしまうのでねww

あとあと!毎夏、先輩が行っている夏期講習から!
6人も今回の文化祭に参加してくれるんだそうです(≧▽≦)

これは楽しみ!!
是非いろんな人に見てもらいたいし、ダンスしたいって人が増えてくれると嬉しい!
w.o.dに加わってくれるともっと嬉しい( *´艸`)エヘ

今年のプログラムを先週持って帰ってくるのを忘れてしまったので文章での案内ですみません><;
13:30から発表予定ですので、是非お近くの方遊びに来て下さいな~ヾ(≧▽≦)ノ

CCさくらクリアカード6巻 感想&考察(ネタバレ注意!)

どもども。壁|ω・)
6巻が出てからお時間が経ちましたねw

f:id:doople:20190713201341j:image

話の内容が大分頭から抜けてきているので、もっかい1巻から読み返してました。そして過去の考察も。
…なんか、支離滅裂な文章がちらほらとww

doople-crystalschool.hatenablog.jp

doople-crystalschool.hatenablog.jp

あと、他の方の考察やなかよし号は読んでいません!あえて、頭の足りないボクなりに色々考えてみます!w 

それでは空想妄想全開で始めましょかww
6巻の内容は完全初見だし、もうアニメの記憶はほとんどございませんし、時間が経っていて以前と言っていた事が違うなんて事もあるかも。(多分また日本語おかしくなるww
そんな感じなので、今回もまた生暖かい目と気持ちで読み流してください。かなり長いです、無駄に。まとめが下手で本当に申し訳ない。ヒマだな~って時にどうぞw
あと、またダークな考察が浮かんでしまったので、苦手な方お気をつけて!

 

 

 

 ではまず冒頭から。
誰もが魔法を使えるという魔術師一族のお話し。でも、その中で生まれてきた少女…秋穂は魔力を持つことのない、ただの人間。
一族の人達は期待していた分、がっかりしてしまう。小さい秋穂は一人で寂しく、本を読んで自分を慰めていた。

…秋穂の生い立ちが可哀想で、どんな状況であれど今はさくら達と楽しくしている事に良かったね、としんみり(´・ω・`)
そして、秋穂には本当に魔力が無かったのだと判明。なら、今の秋穂の状況はいったい?
そして夢と割り切って前向きになる秋穂に、モモが
今の秋穂には一緒にいてくれる人たちがいる。それを忘れないで、その時も。」
つまりこれは、秋穂に試練的な事が起こるという事でよろしいですかな、モモさん。

 

さくらの方になって、さくらは小さい秋穂が淋しいと泣いている夢を視る。藤隆さんは明晰夢を教えて、
「次は笑顔になれるように、夢を変えられるといいね。」と。
その後は、二人で楽しくクッキング&ランチタイム。
…そしてユエは、小狼の元へ。(ぇ、殴り込み?なんて一瞬考えたボクを殴ってくれぃw

ここで、秋穂が怖い夢を視たと言ったシーンを思い出して原作をガサゴソw(5巻にありました。
するとユナは、逆夢を教えて秋穂を安心させている。むぅ…ユナの思考が読めん。

 

次の話。今度はユナの生い立ちが。
気が付いたら一人(生まれてすぐ親と離れる)、幼いころの記憶はあやふや?、親戚もいない、数多の魔法を使える、その才能を買われある者達に手伝いをお願いされる、面倒だけどまぁいいやという考えがあり感情が乏しい?、成長とともに魔力がさらに上がっていきすっかり性格が曲がってしまう、そして今は大切なものを犠牲にして危険な魔法を手にしようとしている。

…って、語りはモモさんですかーい!w
力が強すぎると性格が曲がる、ね…。でもクロウさんはどっちかといえばS気のあるユニークな人で、エリオルは比較的紳士だったよね…。でもさくらはむしろ逆で、イイ子すぎるよ。まぁ、クロウリードの血筋じゃないもんね。
そして二人は書庫へ、…ユエは小狼の元へ。
と、ここでケロさんが意味深な発言を。

「此処に来たのも藤隆さんが連れて来てくれたから。それもなるべくしてなったんだろう。」

ちょっと待って?確か木之本家って…
藤隆さん(クロウ・リードの半転生)、撫子さん(魔力持ち?元魔術師?)、桃矢(魔力持ち。補助タイプ?)、さくら(魔力持ち。万能タイプ) 

……因果だなぁ。魔力が遺伝しているのもそうだけど、クロウカード編からクリアカード編までこうなる事が「決まっている」みたいな流れを感じたのはボクだけかしら?

 

ほんで、ユエと小狼の会話。
さくらカードを自分の力に切り替えていたその理由とはいかに。
さくらカードを所持して、その上新しいカードも作り続けたら、さくらの力の増大は加速する。」
この事に気付かない理由は、クロウカードの皆が小狼に協力したから。と、ライトとダークが説明。

んっとつまり、さくらの魔力数値が高まるのを防ぐために、さくらカードを自分のところに避難させたって事かな。
さくらカードの皆も、さくらを心配して、小狼を信じたから協力してくれた。さくらには敢えて何も知らせていない。

だけど、さくらカードがそばにあると数値が上がっていくのはなんで?これだけがよく分かんない…。

 

そして、書庫に入った二人。一気にハイテンションになる秋穂に微笑むさくら。本への愛情を語り唯一の友達だったと話し、今はさくら達がいるからと。さくらに「大事な友達」と言ってもらえて嬉し泣く秋穂。「さくらが泣くのもいやだ」と言われ、夢の中で視た小狼を思い出すさくら。そして、また時計の空間と声が。

秋穂のハイテンションごっさかあえぇぇ(੭ु*´ω`)੭ु⁾⁾
状況とかは全然違うけど、二人の友達だよ宣言に、なんか赤毛のアンを思い出したよ。本が好きなダイアナが秋穂、想像力豊かなアンがさくら。みたいなね。
ただ、秋穂の言葉にさくらが思い浮かべたのはあの小狼で。
そりゃあんな小狼を夢とはいえ視たら不安になるよな。
…そんで追い打ちをかけるようにまたあの空間になるし。

 

次の話になり、ユエが拳を振るおうとする。が、頬に触れて小狼を諭す。
さくらの思いを、ユエ自身の思いを、小狼の笑顔の意味を。そして、さくらを守りたいのであれば自分自身も守れ。と。

泣きそうになったじゃないですかコノヤロー。
ユエさんなんなの急にそんな親のような言い聞かせ方してくれちゃってさ!もうアラ〇ーになるとちょっとした事でホロリとくるんだからやめてよ!ww

 

その一方で、さくらは声の主に問いかける。でも、秋穂の様子が…?

え、会話出来んの?てか、声の主ってさくらが知ってる人なの?
候補をあげると…秋穂、海渡、ローブの人(小狼)?
それよりも秋穂が!

 

再びユエと小狼達。ユエの過保護発言にニヨニヨするライトとダーク。その様子に小さく笑う小狼に、ライトとダークも笑顔に。ユエは「そういう笑顔をもっとさくらに見せろ。一人にはなるな。」と、また諭す。
すると、ケロさんから連絡が。「さくらの部屋から出られん!」
飛んで行くのが早いと言われ、さくらカードの「翔-フライ-」を使ってさくらの元へ。

いやいやユエさん、そんな事で舌噛まないって。なんですかその言い訳は素直に言えないんですかツンデレって奴ですか貴方。(違っていたらごめんなさい、ツンデレの定義がよく分かっていないんです;
ケロさんはケロさんで大変なことになってて、ためらいながらもさくらカードに呼びかけて使う小狼の優しさがにじみ出てくるし、イイ子ばっかだなもう!w

 

秋穂に駆け寄ろうとするも体が動かせないさくら。秋穂は、

「やはり強い魔力だ」
「強すぎるのではないか」
クロウ・リードの血筋ですもの当然でしょう」
「この子の力もこの中に」

と、まるで何かに憑りつかれたような状態でさくらを襲う。
さくらは動けないにもかかわらず魔法で応戦、秋穂とともに空間から脱出、外でケロさん、ユエ、小狼と合流。
すると、周りがモノクロとなりユナ、モモが現れ…。

怒涛の展開!ほぉほぉ(*゚ω゚)と止まらずに読み進めてましたよw
しかしここで秋穂の攻撃がくるとは思わなかった!確かアニメの最終話では寝ながらさくらに攻撃してたけど、原作は小狼だったし、闘うにしてももっと終盤近くかなと思ってたから油断してた。
でも…さくらが想像以上に強いのに思わず笑ったww
動かずして杖出して魔法使うって、君さぁもう道具無しで魔法使えるんじゃない?まぁ、CCさくらの世界は術具がないとダメみたいだけどw
ほんでユナとモモが堂々と出てきた!これは…?!(笑)

 

モモ「そんな嘘っぽい笑顔で挨拶しても聞こえないわよ。貴方の魔法で止まっているんだから。」
ユナ「嘘っぽいですか?」
なんて、のんきな会話を交わす二人。
どうやらユナは初めて木之本家に訪れた時に、誰かがこの場所…木之本家に結界のような力を使って家族を守っているという事、さくらの事だけでなく桃矢の魔力の質にまで気付いた。しかし今はそれよりも、とここで秋穂の方へ近づき。
ユナ「中が開きかけた。」
書庫に入ったからか、とモモは考える。ユナは書庫が一番「場」として強い、と。そして、秋穂を介してさくらの記憶を探っていたことが判明。
ユナ「優しい家族 温かく幸せな思い出 そして 大切な人達 どれも …どこを探してもない記憶」
表情が見えないユナ。その時。

止まっているはずのさくらの左手指が震え出した。

はい。一度ここで区切ります。
そうね、忘れてたよ。ユナさんは時間操作出来るんだったね!
一時停止と前戻しはアニメでもやってましたね。
敵対シーンかなと思ったボクってば単純バカ!orz
てか、さくら本当に強いのな!(語彙力飛んでったww
ユナさんは、一体どんな思いで誰に言ったのか。秋穂に?自分自身に?その感情は怒りなのか、悲しみなのか。感情が乏しいと、気付かない事も気付けない事もあるから辛いだろうな。いや、辛いって事さえも分からないのかな。
そして、木之本家の秘密。家が建つ前からそこが守られているって事だと、クロウリードかなって思うけど…。家が出来てからだとすると、撫子さんかなぁって夢見てしまうな。もう撫子さん守護霊的な位置だよね?w
でも、クロウカードを持ってきたのは藤隆さんだから…やっぱりクロウリードかな?
つーか、桃矢の事はあれか?ユエと桃矢の会話を聞いたさくらの記憶を見つけたのか?プライバシーの侵害やわ!(;´・ω・)
しかし、秋穂の状態を見て中が開きかけたとは、これ如何に。
強い魔力をより守っている書庫に入ったことで、秋穂の夢の魔力が表に出てきた?あの複数の声は(ry
日本語まとまらない上、ダークな発想になったのでまた後程!

 

魔法を破ろうとするさくらにモモが驚くものの、ユナは「禁忌の魔法を発動させるには、それくらいの魔力は持っていてくれないと」と平然とした態度で、時計を杖に変える。このまま時が進めばさくらに影響(記憶)が残る、カードも足りないから時間を大幅に戻す、と宣言。
けど、時の魔法はそれでなくても力(命)を削られる魔法。そんなに力を使えば今のユナじゃもたない?(力尽きる?)と抗議して、光体(モヤ?)となるモモを見て妥協するユナ。

そして、時は二人が書庫に入る前まで戻る…。

ユナさん…さくらの魔力が強いのを喜んでいらっしゃる?
記憶保存されるのをよく思っていないのは、さくらが自分自身の魔力の強さを自覚することでカードが作られなくなるのを恐れているから?
それにしても、時を動かす系の魔法は魔力を大量に使うっていうのはクロウカード編のアニオリであった『時-タイム-』『戻-リターン-』を思い出しますなぁ。ところでモモさんの元の姿ってもしかして実体がない?…まさか、夢の中の竜みたいなのって。
いや、そんな訳ないか。だとしたら夢の鍵を奪うような事しないもんね。

 

書庫の話をしていると、秋穂のスマホにユナから体調不良のメッセージが。心配になる秋穂に早く帰ってあげて、何か困ったことがあったら連絡して。とさくらは言い、秋穂はお礼を言って家へ帰る。その様子を眺めているユナの超鈍感な発言に、モモはこわぁい顔で釘を刺すww
ユエと小狼たちの方も、話の内容がループしている。ケロさんとTV通話で互いに報告し合う。
洗い物をしながら秋穂とユナの心配をするさくら。途中から左手の指が痛むような疲れを感じて疑問に思う。

ユナさん……罪な人ですわー。でも、納得してしまうw
そして、小狼とユエとケロさんは特に違和感ないようだけど…動こうとしていたさくらには少し影響が残っていましたね。
この影響が今後どう関わってくるのか、物語はどうなるのか?

 

次の話。季節が進んで衣替え、夏の制服に。
さくらも小狼も互いに似合っていると褒め、照れていると毎度おなじみの朋世に撮影される。小狼が「このやり取り前にもしたような」と言い、その言葉にさくらは違和感とともに左手指を見る。どうした、と声をかけられるも何でもないと返す。
朋世にケロさんは?と聞かれ、起きたけどまた寝てしまい起こそうとしたが眠そうにしている、と。場面が変わると、雪兎もベンチで転寝。桃矢に起こされるも「最近すごく眠い」と欠伸しながら話す。その様子に桃矢は心配そうに見つめる。 

ほのぼのシーンですよ~和みますねぇ(´ω`*)
と思ったら、さくらの様子が…。そして、ケロさんと雪兎の眠気が強いという。さくらカード編の時は、ユエの魔力が足りないせいで雪兎の姿を維持できずいっぱい食べたり眠気を感じていましたが、今回はケロさんも…。これは、危ないのでは?
また魔力が足りなくなったと?原因はユナの魔力の影響、それとも単にさくらが魔力供給出来てないだけ?でもケロさんは自分で魔力が作れたんじゃなかった?それが出来ていないって事は…何かが力を吸引している?って疑問符が多いww

 

家庭科の授業で裁縫するさくら達。さくらと秋穂はゆっくりなのに対し、衣装作りをしているプロの知世は機械並みの速さで熟しているwww
ユナの様子を聞くと、もう大丈夫だと。でも、
秋穂「隠すのが上手。辛いとか痛いとか悲しいとか見せてくれたことがない。いつも笑顔。でも」

さくら「本当の顔も見せてほしい…よね。大切だから。(小狼を思い浮かべる)」
秋穂「でも人は簡単に人を傷つけてしまう。その傷は目に見えないからとても怖い。裂かれた心は簡単には繕えない。」

すると、後ろからカーテンが裂ける音とハサミのような物が。
ユナはそれを自宅から感知。

ちくちくと可愛らしい効果音に対して、知世は手元が見えないくらいwwそしてシリアスな秋穂の言葉に、私の心にも大ダメージが。軽く瀕死状態になりました_("_´ω`)_
そしてユナさん…千里眼か地獄耳かなんかかww

 

モモ「今度はお目当てのカードが出来そうなの?」
ユナ「違ったとしても、あのカード達は力になります。貴方がずっと守護なさっている、その本を動かすための。」
モモの正体は、秋穂の大事にしている本…時計の国のアリスの守護的存在。
ユナ「前にその本が動いたのは、もう一世紀以上前でしょう。」
モモ「動いたことが良い結果にならなかった。」
ユナ「前回は魔力が足りなかった。」
モモ「今回はあの子(さくら)と貴方(ユナ)がいる。その魔力で本が動いたら禁忌の魔法が発動する。」
ユナ「その為に返さなかった。魔法協会とあの一族が作り出した魔法具『秋穂自身』を。」   ~6巻終了~

…………。初めて読んだ時は暫く放心状態でした。
あの…さ、秋穂の親が魔法協会と一族にいたって意味です?
だって、秋穂は人間なんでしょ?魔法具ってなに、その言葉の意味の通り道具って事?………ヤダよそんなの。

 

これにてボクの拙い考察ブログは終了致します。ここから先の展開は心空っぽにして読んでいきたいと思います。

ここまで読んで下さった方々、どうも有難うございましたm(・∀・)m

 

※ここから先の感想と考察は、過去のCCさくらの世界観に似合わないダークなものになります。

続きを読む

失神するかと思った…

また上の糸切り歯が欠けて診てもらってきたのですが、なんと( ゚д゚)

どうやらこの歯も根っこギリギリの所が虫歯らしいorz

麻酔しながら欠けた部分ごと歯を削られて、現在の糸切りさんは何も入ってないコップのような形です…

削られている間何度も神経が刺激されて辛かったぁ…( ´ ;ω; ` )

また数ヶ月は流動食生活ですわね。ある意味ダイエットっスわw

出血大サービスぞなもし〜(´・ω・`)

昨日からデリケートゾーン入ったけど、メンタルやられてたせいでまた1週間遅れてるわー

おまけに今朝起きたら鼻の粘膜弱なっとって血出るし、今帰ってくる時なんて段差のところで自転車乗り上がらなくてすっ転んだww

左半身擦りむきましたわー。なんか左ばっか怪我してんなー。

…なんやねんなもう( ;∀;)

もうえぇふて寝しちゃるき。

うひょー((((இωஇ; ))))

指付け根のしこりがやっぱり気になったから、お昼に入眠剤追加のついでで行きつけのクリニックに相談したら…

レントゲン(骨異常なし)→エコー(水分溜まってる)→麻酔しながら吸引、の順番で処置してもらい、ガングリオンって言われました(´・ω・`)

友人と一緒やーん…

最初の麻酔で痛みに悶絶、効果出て圧迫されて悶絶、更に麻酔して圧迫されて、計3回の麻酔を受けて悶絶しっぱなしで疲れた( ̄д ̄;)

夕方頃に麻酔切れたけど今なんとか落ち着いてまふ

f:id:doople:20190613134803j:image

手の調子が悪い…

先月末からデスクワークでの腱鞘炎的な痛みと痺れが出てきましたやー。しかも両手にww

でも小説書く!w

あ、後それだけじゃなくて左手中指の付け根が凸ってしてきて押すと痛い><

今までこんなの無かったんだけど…これ病院行くべき?

えーどの科受ければいいのかわからんし、お金取られんのやだー(´・ω・`)

とりあえず湿布して過ごす毎日ですw

改めて、SNSって怖い(´・ω・`)※精神不安定注意

ちょっとした切欠で某SNSに恐怖を感じて今頃チキっているdoopleです…

暫くあのアプリは使うの止めます。因みに、ボクの呟きを通知オンにしてる方。いましたらオフでお願いします(`;ω;´)理由は↓

続きを読む